土用の丑の日とは簡単に言うと?うなぎ以外うのつく食べ物でもOK

土用の丑の日』にウナギを食べる!というのは昔からの日本の習慣で、実際にスーパーなどの店頭でその文字を目にするとついウナギを買って帰ってしまいますね。

ところで『土用の丑の日』とはどういう意味なのでしょうか?言葉にして説明出来る人はあまり多くはないのではないでしょうか。

そこで今回は『土用の丑の日』について簡単にご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

『土用の丑の日』って簡単に言うとどういう意味?

『土用の丑の日』は昔の言葉ですので、これを現代の言葉で簡単に言うと、

季節の変わり目(約18日間)のうち、暦で決まっている一日(もしくは二日)のこと

を示すようです。
季節の変わり目」ですから、夏に限らず秋、冬、春にも『土用の丑の日』が存在します。

ではなぜ夏にだけ『土用の丑の日』をよく聞くかというと、夏にウナギを食べるようになった理由に秘密が隠されているのですが、それはのちほど説明いたしましょう。

ちなみに現代と昔の言葉を照らし合わせてみると、

「季節の変わり目」…土用
「暦で決まっている一日(もしくは二日)」…丑の日

このようになります。

なぜ『土用の丑の日』にウナギを食べるようになったのか?

『土用の丑の日』にウナギを食べるようになったのは、江戸時代にさかのぼります。

一節によると、当時暑い夏にはウナギが全く売れずウナギ屋さんが困っていましたが、「夏にウナギを食べると夏バテしない」「土用の丑の日にウナギを食べると病気をしない」と宣伝したところこれが大ヒットし、以降『土用の丑の日』にウナギを食べる習慣がついたのだとか。

だから「土用の丑の日にウナギを食べる」というのは、正しく言うと「“夏の”土用の丑の日にウナギを食べる」ということになりますね。

スポンサーリンク

『土用の丑の日』に食べるのは「う」がつく食べ物ならOK!

『土用丑の日』に食べるのはウナギ!だと思っている人も多いかと思いますが、実は「う」のつく食べ物ならOKなんです!

要は『土用丑の日』にちなんで「う」のつくものを食べて精をつけ、無病息災を祈願することが大切なのだとか。

ちなみにウナギ以外の代表的な食べ物はこちら!

・梅干し
・瓜
・うどん

また力技のような気もしますが、^^;

・土用餅
・土用しじみ
・土用卵

なども当てはまるようです。
これらはウナギと同じく栄養価が高い食べ物で「土用」に食べられる習慣がついたことから、名前に「土用」がついたそうです。

今年も『土用丑の日』に精のつくものを食べて暑い夏を乗り切りましょう!くれぐれも夏バテにはご注意を!

スポンサーリンク

2015-06-01 | Posted in 季節イベントNo Comments » 

関連記事