15種類の味!栄光の丼レシピと茨城友部サービスエリアの場所は?

7月20日放送の『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』は「夏休みご当地グルメSP」と題して各地の美味しい食べ物を紹介します。

その中でもサービスエリアで大人気という『栄光の丼』が本当に美味しそう!

今回は巷で話題の『栄光の丼』についてご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

15種類の味が楽しめる!?サービスエリアで大人気『栄光の丼』

「地元の名産をたくさん味わいたい」という声から生まれた『栄光の丼』

「常陸牛(ひたちぎゅう)の焼肉丼」「久慈浜丸の釜揚げしらす丼」「小美玉にら丼」を一度に楽しめるという何とも贅沢でボリューム満点のメニュー!

それだけではなく卵やだし汁、5種類の薬味などを組み合わせることによってなんと15種類の味を楽しめるというのですから心惹かれないわけがありません(笑)。

NEXCO東日本『どんぶり王座決定戦!』でも初代グランプリに輝き、4万食以上食べられているという『栄光の丼』。
ぜひ一度は食べてみたいという人も多いのではないでしょうか^^

家で手軽に楽しむ『栄光の丼』風レシピとは!?

家で『栄光の丼』を食べてみたい!というあなたのために簡単レシピをご紹介しましょう!
残念ながら正確な調味料の味は分かりませんので、『栄光の丼』風レシピになります^^;

栄光の丼は三種類の丼から成り立つので、ここでは一種類ずつ作ることを前提にしています。

栄光の丼
出典:http://tabelog.com/ibaraki/A0801/A080103/8015929/dtlrvwlst/6243717/

正確な分量は書いていませんが、自分が食べたい量で調節してみてください。調味料少々を心がければ大体でも美味しくできるかと思います!

栄光の丼
『常陸牛(ひたちぎゅう)の焼肉丼』風レシピ

【材料】
・ご飯
・牛肉(あれば常陸牛)
・刻みネギ
・卵(あれば奥久慈卵)
・塩コショウ
・だし汁
・わさび
・野沢菜昆布
・ゆず(細かく刻む)

【作り方】
牛肉を塩コショウで焼き、刻みネギと一緒にご飯に乗せる。

【食べ方】
1. まずはそのまま一口
2. トッピング(わさび・野沢菜昆布・ゆず)を添えて
3. 〆は卵をかけて牛丼風  or だし汁でお茶漬け風

 

栄光の丼
『久慈浜丸の釜揚げしらす丼』風レシピ

【材料】
・ご飯
・生しらす(あれば釜揚げしらす)
・イクラ
・刻みネギ
・しそ
・刻みのり
・錦糸卵
・卵(あれば奥久慈卵)
・しょうゆ
・だし汁
・ゆず(細かく刻む)
・練り梅
・昆布佃煮

【作り方】
ご飯の上にしらす、イクラ、刻みネギ、しそ、刻みのり、錦糸卵を乗せる。

【食べ方】
1. しょうゆをかけてまずは一口
2. 卵をかけてかき混ぜて
3. トッピング(ゆず・練り梅・昆布佃煮)を添えて
3. 〆はだし汁でお茶漬け風に

 

栄光の丼
『小美玉にら丼』風レシピ

【材料】
・ご飯
・豚コマ肉(あればチャーシュー)
・ニラ
・いりごま
・刻みのり
・卵(あれば奥久慈卵)
・すりおろし生姜
・しょうゆ
・ごま油
・酒
・豆板醤
・鶏がらスープの素
・だし汁
・わさび

【作り方】
1. 豚肉にすりおろし生姜としょうゆを揉み込み、ごま油、酒、豆板醤と一緒に炒める
2. 豚肉の色が変わったら、2〜3cmに刻んだニラも入れて炒める
3. ニラがしんなりしたら鶏がらスープの素で味を整え、ご飯に乗せる。最後に刻みのりといりごまをかける。

【食べ方】
1. まずはそのまま一口
2. 卵をかけてかき混ぜて(お好みでわさびも添えて)
3. 〆はだし汁で雑炊風に

 

家で手軽に楽しむ『栄光の丼』風レシピ、いかがでしょうか^^

スポンサーリンク

栄光の丼が食べられる茨城『友部サービスエリア』の場所って?

せっかくなら一度は本物の『栄光の丼』の味を堪能したいですよね!

栄光の丼は茨城県の友部サービスエリア上り線内の『珠玉の蔵 どんぶり専科で食べることができます。

『珠玉の蔵 どんぶり専科』の入口にある券売機で『初代 栄光の丼』の食券を買う必要があります。
価格は1,240円ですが、値段以上の満足を味わえること間違いなし!?

茨城、みちのくの厳選素材を使用した料理を提供する、落ち着いた雰囲気の店舗です。料理は笠間焼きの器にて提供しております。

引用元:友部SA(上)・常磐自動車道

常磐自動車道を通る際には、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか^^

 

友部サービスエリア上り線(常磐自動車道)
住所:茨城県笠間市長兎路1059−6

『珠玉の蔵 どんぶり専科』
営業時間:11:00~21:00

スポンサーリンク

2015-07-20 | Posted in 食べ物No Comments » 

関連記事

Comment





Comment